若い女性を中心に梅毒感染者急増中!!取り返しがつかなくなる前に検査して

 感染して症状が悪化し鼻がもげてしてまうなど、恐ろしいイメージのあった梅毒。しかしながら近年ではペニシリン系の薬剤が登場したことで不治の病からは脱却し感染者も減少の一途を辿っていました。しかしながら、この数年で特に若い女性の梅毒感染者が急増。なぜ女性の感染者が増えてしまったのでしょうか?

まずは性病の基本について

 梅毒は梅毒トレポネーマという細菌が人から人へと感染することで発生する感染症です。性行為でも感染することから、性感染症のひとつに数えられます。とは言え、感染の原因が性行為のみではないために、必ずしも性行為によって感染したとは一概には言えません。母子感染や濃厚接触によっても感染します。

・「感染」と「発症」って?
「感染」とは体内にウィルスや細菌が侵入し体内で増殖し、血液を採種して抗体検査した場合陽性反応が見られる状態のことです。

そして潜伏期間を経て、そのウィルス・細菌が原因となって引き起こす症状を発症することを「発病」と言います。

治療すれば「感染」の状態がなくなる「完治」するものもあれば、寛解はしても完治はせず、ウィルス・細菌がずっと体内にある状態の「キャリア」となってしまうものもあります。例えば、HIVなどがこれに当たります。

・性感染症による炎症から、さらなる感染を引き起こす
1つの細菌・ウィルスに感染すると一部の細胞が炎症した状態になり(例:梅毒のバラ疹、クラミジアの膣炎など)、その状態で性行為をし、接触する部分に炎症した部分があると、そこからまた別の性感染症に感染しやすくなってしまいます。

何もない状態の皮膚に原因のウィルス・細菌がついた場合と、傷部分にそれらがついた場合、どちらが感染しやすいかを想像するとわかりやすいと思います。

「キャリア」の状態の人は、もちろん性行為や濃厚接触、出産によっても相手に感染させる可能性があります。

・挿入される側のほうが感染率が高い
感染する可能性と確率については「挿入される側」のほうが圧倒的に感染率が高いことが知られています。
その理由は、感染者がコンドームを使わない状態でセックスをして射精し相手の体内に液体を注入した場合、液体の中にあるウィルス・細菌が体内に留まり体内に吸収されていくからです。
そして、その時間が長いほど感染の可能性が高まるのです。

また、男性の同性愛者で感染率が高い理由は、膣よりも直腸のほうが傷つきやすく、妊娠の可能性がないことから避妊具を使わないケースもあるからです。そして、ネコ(挿入される側)がタチ(挿入する側)をする場合もあるため、異性間の感染率より高くなるそうです。

なぜ、梅毒の若い女性の感染者が増えているの?

なぜ、梅毒の若い女性の感染者が増えているの?

 元某県保健所に感染症担当で勤めていた編集部員(天汐香弓)に聞いてみたところ「問い合わせで多いのは、性風俗に勤めるパートナーや知らない人と性交渉をもってしまった男性、または海外旅行先で現地の人と性交渉をしてしまった男性からです」とのこと。そういう男性は所員に勧められ梅毒に関する検査を受けることが多いそうです。

 逆に女性は、無料で受けられるHIVや肝炎の検査は受けにくることはあるものの、梅毒に関しては検査が無料でない自治体もあることから受けることを躊躇う人もいるそうです。そして感染者で増えているのは「10代から20代の女の子です。普通の女の子の感染が増えています。」と教えてくれました。

 また、風俗でお仕事をしている人の場合について、現役ソープ嬢であり風俗に詳しいライター(大原カンナ)に聞いてみたところ「一般よりも性病については敏感で知識のある人の多い業界ですが、定期的な性病検査については店次第・女の子次第になっています」という話。店によっては毎月一回の検査を義務づけるところがあり、その結果を提出しなければお仕事ができないそうです。しかし、昨今爆発的に増えているデリバリーヘルスなどの風俗店の場合には検査義務がないところが大半。女の子の自主管理にゆだねられているそうです。

 「昨今は、普通の人がバイト気分で業界入りすることが多く、病気について軽く考えている人が増えています。そのため、目先の欲しいものにお金を優先し、身体の管理にお金をケチる子は少なくありません。また梅毒の場合は初期症状がわかりにくいため、検査義務のない店の子の場合には客からのクレーム(病気を移された)で病気が分かるケースもあります。」とのこと。

 そして若い女性に梅毒感染者が増えているかについては、保健所に勤めていた編集部員によれば「性病に関する知識の欠如であったり、いざとなった場合に男性からの要求を断りきれず避妊などしないまま性交渉をもつ事があるからです」「さらに言えば、若い女性にとって性病検査は恥ずかしいと感じる人が多く、症状が出るまで検査を受けず我慢する人が多いことも原因ではないでしょうか。」との話でした。

自覚症状は?

 梅毒の症状は4段階にわけられます。

・第1期:感染から3週間~3ヶ月
梅毒トレポネーマが侵入した部位にしこりが発生したり、股の付け根のリンパ節が腫れることがあります。しかしながら、かならずこの自覚症状があるとは限りません。

・第2期:感染後3ヶ月~3年
全身のリンパ節が腫れるほか、発熱、倦怠感、関節痛などの症状が出る場合ががあります。また、バラ疹と呼ばれる小さなバラのような赤い発疹が全身に発現することがあります。これは1ヶ月程度で消失します。
しかしながら、この自覚症状もあるとは限りません。

・潜伏期
第2期の症状が消えることから始まります。2年から3年の間は、再び第2期の症状を発症することがあります。また、後期は不顕性感染の期間でもあるため、感染力を持たないことも。

・第3期:感染後3年~10年
現在、ここまで状態が進んでいる人はほとんどいないそうです。
皮膚や筋肉、骨などのゴムのような腫瘍が発生します。

・第4期:感染後10年以降
多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄癆
を起こして死亡します。

どうすればいいのか

どうすればいいのか

 梅毒は早期に治療すれば完治する病気です。しかしながら、感染から2年を超えた場合や第2期を過ぎてしまった場合、完治が難しくなります。

 梅毒は他人と性行為をした場合感染する可能性が途端に0ではなくなります。極端なことを言えば、新しいパートナーとお付き合いを始めたときに、お互いに検査し、パートナー以外とは関係を持たないようにする。誰かと初めてセックスした場合は、行為4週間後に検査する。その間は誰とも行為をしない。(感染したと疑われる行為から4週間は検査ができません。その間性行為を控えるのが理想です。) そんなこと実際は難しいかもしれませんが、感染を予防したり早期発見を目指すなら、このことを徹底しないといけないようです。

 ワンナイトで遊びたい人は年間100人以上と関係を持つこともあります。とは言え、梅毒が危ないからと言って致死性が高い病気ではないために遊びを控える人は少ないでしょう。

自覚症状が現れたら絶対に検査する。そして、複数の人と性交渉を持った人は少なくとも半年に一度は必ず検査する。これで、多くの悲劇は回避できるのではないでしょうか。大事な人がいる場合やお子さんを望んでいる人は、特に改めて自分が今感染しているかどうか、過去に検査したことがあるかなど確認してみてくださいね。

(文・貴崎ダリア / 監修・元保健所感染症担当 天汐香弓)

20177/20

アメリカが産んだ超イケメンラブドールにとろ~んとしちゃいたい

アメリカのシンセティクス社では女性向けドールとして超イケメンなラブドールを製造・販売してるんですよ

カーマスートラに学ぶ! ギリギリできそうなアクロバティック体位

カーマスートラに学ぶ! ギリギリできそうなアクロバティック体位

今回はインドの性典であるカーマスートラを題材にした体位解説アプリ「iKamasutra – セックスの体位」からオススメの体位をピックアップしてみます。

地雷原を突破せよ!風俗店の地雷嬢あるある

地雷嬢。一体どんな種類があるのでしょうか。この20年業界を中から見つめてきた側として紹介していきます。

2000年度イグノーベル賞医学賞を受賞した、性交中の男女をMRIで撮影した実験って知ってる?

2000年度イグノーベル賞医学賞を受賞した、性交中の男女をMRIで撮影した実験って知ってる?

2000年に医学賞を受賞した、オランダ・フローニンゲン大学が中心となって行った研究「性交中の男女の性器および女性の性的興奮時のMRI像」って知ってますか?

ずっと同じ強さが続く「パワフルXUSBローターシリーズ」

【玩具研究家レビュー】ずっと同じ強さが続く「パワフルXUSBローターシリーズ」

今後濡れ場を書く作家様のために、色んな種類の大人の玩具を赤裸々レビューいたします。記念すべき第一回目は最近流行の「USB式ローター」。

ページ上部へ戻る