身体がぽっかぽか…TENGAナイトチャージ飲んでみた

Last update:

ナイトライフの全てに応えるエナジードリンクとしてワンプレイカップ製造大手のTENGAから販売されているTENGAナイトチャージを、夜デートの前に飲んでみましたよ!

ちなみに私、ご存知の通り寝取られ好きな主人と結婚して9年目を迎えるんですが日々夜の組体操に勤しんでいます。とは言え主人も主人で、とりあえず誰とでもしてきていいから! というわけにはいかず、「うーん、この人とならこれくらいのプレイまでならいいよ」なんてちょっぴり気難しい一面を見せたりもします。

今回、TENGAついでのデートに選抜したのは主人もお墨付きの広告マン(26)。学生時代はラグビーに青春を捧げ、ピクピク動く胸筋を披露して「すご~い」と言われなきゃ気が済まないほど承認欲求に飢えてる彼は、中々いいムスコを持っているのです。

仕事で新しい企画が始まりクライアントと打ち合わせの日々に疲れ果てているというので誘ってみたら「えり奈さんに会いたかった……」とちょっと弱気なLINE。一応仕事中の主人に「今日、広告マン君とデートするから!」と伝えると「(ボイスレコーダーでの)録音忘れずにね」と。ハイハイ、とTENGA片手にいつものホテルに向かい、ロビーで彼と落ち合うと相変わらず犬のような笑顔で私を見つけ手を振ってくれました。可愛い。

部屋に入って、バッグからおもむろにTENGAを取り出すと彼が一言。
「あ、それ知ってます」
「うん、ちょっと今夜は激しいのしたくて……」

まさか仕事で書く記事のため会社の倉庫に眠っていたものを持ってきたとは言えません。あくまでエロい人妻が気合を入れるために持ってきた……という雰囲気が今後のやる気を左右するんです。ちなみにこの商品、以前TENGAさんから編集部がいただいたもの。TENGAさんからたまにサンプル品が届くのですが、これまでHネタはあまり扱っていなかったのでいただいたもののほとんどが倉庫に眠っていました。


とりあえずシャワーを浴びる前に一気飲みしてみたところ、ぬるいTENGAナイトチャージは口内と喉にインパクトを与えてくれました。これは冷やすか氷を入れたほうがいいかもしれません。倉庫から持ち出したあと一旦冷蔵庫にいれれば良かったと後悔。

味は甘めで酸味が少ない柑橘系に、ウコンの味が結構あるような。いや、真っ黄色なビジュアルに惑わされているだけかも? 飲みづらさは炭酸で少し軽減されましたが、粘度も高めなのでぐぐっといったほうがいい代物です。

1缶は190ml。含まれている成分は肝臓エキス、ウコン、マカを主として、ガラナ、L-シトルリン、黒コショウエキス、カフェイン。どれもこれも性欲にブーストをかけるようなものばかりですが、飲んだ直後から、喉元から熱さが広がり足の先までポッカポカになっちゃいました。

ちなみに、女子は感じ始めると体温が上昇し、イク頃には全身ポッカポカになります。飲んで5分もしたら、イッた後の状態に近いほど身体が温かくなったのです。

そしてそのまま「何だか、いい気分……」と広告マン君の筋肉質な胸に飛び込んでシャワーも浴びずにフンガーと1回戦。普段より身体の反応が良くなった気が!?

気のせいではないことを証明するためにガウーっと2回戦目。やっぱり、乙女の花園がキュンキュン弾けるようというかリズミカルというか。あくまで個人的体感ですが、普段よりも良い感じ!

広告マン君も「今日のえり奈さん、すごい」と言いながら大興奮。結局3回戦目も頑張り、さらに4回戦目にまで突入したのでした。人の身体って単純!すごーい!

飲み方については先にふれたように、冷やさないと飲みづらいかもしれませんが、激しい夜を楽しみたい人は一度試す価値はあると思います!

(二階堂えり奈 / 画像・編集部撮影)

肌の潤うBL『薫りの継承』に見る大人メンズのしっとりエロさ

2015年に発刊された『薫りの継承』(上下巻・リブレ)は、そんな中村さんが手がける、上流階級の大人たちが主人公の物語。ボーイズラブと言い切ってしまうには重厚で、芳しい濃厚な香りが漂ってきそうなストーリーです。

素直に紡ぎ出される心情と繊細な色が紡ぎだす両片思いの切ない世界『ドラマ』

『ドラマ』は2005年10月10日にコバルト文庫から刊行され2011年12月20日にダリア文庫から加筆修正版が刊行された朝丘戻。さんの小説。

緊縛するなら必読!『いますぐデキる!図説縛り方マニュアル リスク回避編』

「とても分かりやすい」「習った緊縛を復習できる」と大人気なのが、三和出版の『いますぐデキる!図式縛り方マニュアル』シリーズです。

有名人も訪れる佐賀の“ご立派”な道祖神は、花街の遊女も訪れていた

佐賀県武雄市。ここには男性器と女性器を持った道祖神、今では『珍スポット』にあげられる場所があるということで、行ってまいりました。

エロくて切なくて女優の輝きが半端ない 「日活ロマンポルノ」リブートプロジェクト作品を観てみた

「日活ロマンポルノ」のリブートプロジェクト作品が、国内の人気監督5人によって製作されました。

ページ上部へ戻る