泡婆、襲来!ネットで噂の「特殊浴場機関」へGO!

6月上旬頃ネット上で「一度怒られた方がいいソープ」が話題になっていました。これは……ライターでありつつも、現役場末のソープ嬢を名乗る泡婆の私めとしては見逃せないネタ。

調べて見ると、東京近県のソープ街にそれがあるということで、「使徒、襲来」ならぬ、「泡婆、襲来」しに行ってきました。

訪れた日は平日の朝。場末ソープ嬢ともなると朝は強いのです。というのは冗談で(半分本当ですが)、どの風俗街も朝営業している店が少ないため、人通りが少ない時間帯を狙って行ってきました。

朝の風俗街は不思議な空間

到着すると狙い通り人気の無い風俗街。風俗街は朝と夜の顔が全くことなり、夜の喧噪とは一転、まるで別世界に足を踏み入れたような不思議な雰囲気を醸しています。

目的の店は、人通りの多い繁華街から少しいったところ。川をわたり一歩街に踏み込みますと、突然ソープ街が現れます。ソープの他にも、ヘルス、風俗街あるあるの案内所に、外国人向けと思われる居酒屋、道路を挟めばラブホテルが数軒と雑多に立ち並んでいます。またこの地域は規制が厳しいのか、元ソープランドだったであろう空き地や、現在は駐車場として利用される土地も目立ちます。

近年、店舗形態の店(業界では”箱”と呼ぶこともあります)、特にソープランドは規制などにより経営が厳しくなり、閉店を余儀なくされる店が増えています。また風俗業態の多様化もあり、以前よりも客が分散してしまい一つの店の売り上げが激減。さらには建物や設備が老朽化しても規制の問題やリニューアル資金を集められない場合も多く、時の流れに任せるまま建物とともに朽ち果てるのを待つばかりの業態となっています。私もいつまで泡の国で働けるやら……。

そんなことを考えつつ目的地にたどり着きますと、やはり人気の無い時間帯。ほっ。さっさと写真だけを撮影していきます。

泡婆は見た! 実はこのデザイン、徐々にバージョンアップしてます

一通り撮影し、ふと思うのは「やっちまいましたね」という感想。確かにこのデザイン「一度怒られた方がいいソープ」です。某大ヒットアニメを彷彿とさせるデザイン。建物全体は黒く塗られており、手が加えられたのは表の看板など一部のみですので、いざとなったらすぐ変更できるようになっているのかもしれません。

実は私、数年前(2008年、2010年)に二度この街を訪れたことがあります。両方とも店の面接で訪れましたが、2008年に来たときはまだ名前が違った気がします。確か「P」という店だったような。そして2010年に通りがかりに見たこの店は既に某アニメを彷彿とさせるロゴを配置していました。

なお、面接を受けた店には両方とも落とされたのでこの地で働くことはありませんでしたが、前回二度目に訪れた時には店名も変わっていたので「リニューアルしたんだな」と興味深く見たことを覚えています。でもその時は、ここまで目立った配置ではなく「あぁ、某アニメの特務機関のロゴ真似たんだな」程度の印象。こんなにも「やっちまった感」はありませんでした。

帰宅してGoogleストリートビューで改めて見てみるとやはり……。私の記憶に間違いはありませんでした。

過去と現在では、張られる文字の数が判然と違います。恐らく少しずつ手を加えて今の状態になっているのでしょう。それにしても「特殊浴場機関」とはよく絡めたなぁ……。変に関心してしまいます。きっとこれを考えた人は「名案!」とひらめいて嬉嬉としてやったんでしょうね。

ちなみに在籍の女の子は”記載”が20代メインになっていますので、熟女枠である私は入店したくてもすることができないお店です。

何でもパロディしちゃう風俗店

風俗店では今回のように何かをパロディしちゃうことは実は昔から行われています。このところはやる店が少なくなっていますが、過去には大手企業の名称からアニメタイトルまでやりたい放題やっていました。でも気づけば1~2年ぐらいで看板が変わっていましたので、怒られたか何かの事情でやはり長く続けることは難しくなっているのでしょう。

今ではそんなチャレンジ精神旺盛な店は少なくなっていますので、あるとしても過去やっちまってバレずに続いている店ぐらい。どうやら今回もそんな店の一つだったようですね。

※画像には編集部で一部処理を施しています。

(大原カンナ / 画像・編集部撮影)

緊縛するなら必読!『いますぐデキる!図説縛り方マニュアル リスク回避編』

「とても分かりやすい」「習った緊縛を復習できる」と大人気なのが、三和出版の『いますぐデキる!図式縛り方マニュアル』シリーズです。

【玩具研究家レビュー】女性にも扱いやすい「電動バイブレーター フェアリーミニ」

今回は入門者向け「電動バイブレーター フェアリーミニ」でご説明します。

昭和レトロな回転ベッド 中でも珍しいせり上がる回転ベッド取材してみた

昭和レトロな回転ベッド 中でも珍しいせり上がる回転ベッド取材してみた

ラブホテルで現在も現役稼働している回転ベッドは各地に多数ありますが、中でも珍種とされる回転ベッドが存在しています。

暑い季節に……ちんこストローなんていかが?

暑い季節はカクテルに美味しいフレッシュジュースなんかが飲みたくなりますよね。もちろん、グラスから直飲みしてもいいですが、やっぱりストローがあったほうが雰囲気が出ますし美味しく飲めるものです。

ラブ活!!ゴールデンボンバーが女子目線で愛と恋とコンドームを推進!!

若いみなさん、恋愛、楽しんでいますか?筆者は……そっとして置いてください。(伏せ目 リア充な人も、これからリア充を目指す人も、リア充爆…

ページ上部へ戻る