アメリカが産んだ超イケメンラブドールにとろ~んとしちゃいたい

Last update:

造形美に愛と興奮を注ぐラブドールと言えば日本が誇るオリエント工業のドールが世界的にも有名ですが、アメリカのシンセティクス社では女性向けドールとして超イケメンなラブドールを製造・販売してるんですよ!!

ちなみにシンセティクス社では男性用・女性用共に販売していて、その最低価格は男性用女性ドールが6,400ドル(約72万)から、女性用男性ドールが6,750ドル(約75万)からと中々お高いんです。しかしながらこれに加えて、体毛や人毛を使用するか、肌の様子、日焼けのライン、タトゥ、乳房を大きくするかなどのオプションを付け加えることができるため、自分だけのこだわりのドールを造ってもらえちゃうんです!待ち時間は3ヶ月から1年。シンセティクス社の証明書も付属してるそうですよ。

シンセティクス社公式サイトトップ。

さて、気になるイケメンラブドールですが基本タイプは3パターン。

アジアン系のすっきりとしたお顔立ちのAKIKRAに深い彫りと外国人モデルのような大きな口がセクシーな白人タイプのGabriel、そして色気漂うオシャレな黒人タイプのWilliamになりますが、オーダーするときにここから、細かくアレンジを依頼することも可能なようです。

髪の毛の色や髪型、瞳の色を変えるだけで全く印象は違いますが、その筋肉質な胸板やたくましいアソコにキュンとなる女子は少なくないはずです。

そして、超リアルなのはお顔や体だけではありません。アソコのディテールもシワの1本1本、反り具合、色味まで超リアル。パーツ単品も149ドル(約1万6千円)から販売されています。

AKIKRA

Gabriel

William

どうです。このイケメンぶり。こんなイケメンが毎日家にいてくれたら、人生楽しくなっちゃいそうじゃないですか!?

ほ、欲しい……と思った女子の皆さん、日本にも送料950ドルで輸送してくれるそうなので、恋しちゃった人はポチってみてくださいね!

<参考・引用>
シンセティクス社公式サイト

※画像はシンセティクス社公式サイトのスクリーンショットです。
※記載価格の日本円は2017年7月20日のレートです。

(二階堂えり奈)

【玩具研究家レビュー】スタイリッシュな見た目のセルフプレジャー商品『iroha stick』

『iroha』はTENGAでお馴染の典雅社が展開する女性向けバイブレータシリーズのこと。柔らかな素材と可愛い形、静音性の高さで注目のセルフプレジャーアイテムブランドなのです。

素直に紡ぎ出される心情と繊細な色が紡ぎだす両片思いの切ない世界『ドラマ』

『ドラマ』は2005年10月10日にコバルト文庫から刊行され2011年12月20日にダリア文庫から加筆修正版が刊行された朝丘戻。さんの小説。

気になる彼と宅飲み…出てきたらキュンとなる口説き酒をご紹介!

気になる彼に「うちで軽く1杯飲んでいかない?」と誘われたとします。そのとき、あなたならどんなお酒でもてなされたら心ときめきますか?

「先っぽだけ君」に「種なし君」 生Hしたくてしょうがない男の嘘

「先っぽだけ君」に「種なし君」 生Hしたくてしょうがない男の嘘

風俗店とは男女が肌をあわせるお店なのは勿論ですが、基本的には最終的な行為まではいたせないお店がほとんどです。

若い女性を中心に梅毒感染者急増中!!取り返しがつかなくなる前に検査して

若い女性を中心に梅毒感染者急増中!!取り返しがつかなくなる前に検査して

この数年で特に若い女性の梅毒感染者が急増。なぜ女性の感染者が増えてしまったのでしょうか?

ページ上部へ戻る