本当に本番行為している映画ってあるの?

Last update:

映画には鑑賞者を物語に引き込む力がありますが、ストーリー上セックスが必要な場合が多々あります。
その場合、大抵はAVとは違い実際には挿入、フェラチオ、陰部への愛撫、クンニリングスなどは擬似的に行われます。

しかし、監督の意向で実際に直接的な性行為やいわゆる本番行為をしている映画もあるってご存知でしたか?今回はその映画と、実際に見てみた感想をご紹介したいと思います。

ラース・フォン・トリアー監督作品では……

美しい映像美と非常に鬱々とした内容で多くのファンを魅了するラース・フォン・トリアー監督作品では『ニンフォマニアック』と『アンチクライスト』で本番行為が登場します。
しかしこれは、ボディダブルという別の俳優が行った性行為にすげ替えられたもので、出演している俳優が本番行為をしているわけではないそうです。
つまり、俳優たちの顔が映るセックスシーンでは彼らが演じていますが、結合部分や陰部などは別の俳優のものにすげ替えれられているそうです。

人間の精神の深みを描く監督ですから、登場人物たちによりリアリティを持たせるために、このような演出をしたのかもしれませんね。

社会問題をスタイリッシュに扱った『KEN PARK』

大人と子供の関係や、それに関する社会問題を扱った名作『KEN PARK』でも多くの性行為が登場します。
残念ながら3P含むセックスシーンは疑似のようですが、フェラチオ、クンニ、手による陰部への愛撫などは本物だそうです。

当時、ヒロインであるティファニー・ライモスは監督であるラリー・クラークと交際しているという噂がありました。それが本当だとしたら、自分の彼女が目の前で別の男性と疑似セックスしたりフェラチオしたり陰部を愛撫されたりするのを、どんな気持ちで見ていたんだろうと興味が湧きますよね。

お洒落で楽しい『ショートバス』

恋愛カウンセラーでありながら一度もオーガズムを得たことがないソフィアが、彼女のもとに悩みを相談するためやってきたゲイカップルに「ショートバス」という、いわゆるハプニングバーのようなサロンを紹介され性愛と幸せについて模索していくという物語です。
セックスシーンがばっちり本番で、リアルな描写が多数見られますよ。
また、サロンという特殊な舞台でのシーンは、なかなか普段見られることがないので圧巻です。

『ブラウン・バニー』と『9songs』

クロエ・セヴィニーの本物フェラチオシーンで物議を醸した『ブラウン・バニー』は、ヴィンセント・ギャロ監督作品です。当時、クロエは『ボーイズ・ドント・クライ』でアカデミー賞助演女優賞候補になり、さらにロサンゼルス映画批評家協会賞で助演女優賞を受賞した新進気鋭の有名女優だったので、大騒動になりました。

『9songs』は地質学者が南極で働きながら過去を回想する物語ですが、とにかくセックスシーンが多いのです。そして、その全てが俳優たちが体当たりの本番行為を行っています。主人公が恋人と見た音楽のライブシーンがセックスシーンと交互に映し出されるという演出がなされています。クンニリングスシーンが多く、思いやりある優しくハッピーなセックスシーンが多いというのも特徴的です。

なぜ本番やリアルな性行為が必要なのか

AVの多くは基本的にセックスを見せるためのものなので、本番行為が必要です(疑似物もありますが……)。
一方、ストーリーを重視してつくられた映画は鑑賞者を性的に興奮させることを目的につくっているわけではないため、ほとんどの作品では疑似セックスを採用します。
しかし、どんなに俳優たちが頑張って疑似セックスを行っても、それは疑似でしかありません。鑑賞者も疑似物だと思って見ます。
物語の中では本当にセックスしているわけですから、なるべくそうしているように見せるために努力をするのに、いくら頑張ったとしても鑑賞者が本物だと思って見てくれない限り作品の熱意がどうしても伝わらない場合があります。

ご紹介した作品を実際に鑑賞したところ、気持ち良さそうな表情や気持ち良いがゆえに余裕をなくした表情に、得も言われぬリアリティがありました。あの微細な表情を演技でカバーすることは、かなり熟練の俳優でも難しいように感じます。

それゆえに監督たちは本番行為をあえて取り入れし、鑑賞者にそれを伝えることで作品の熱意を伝えようとしたのではないでしょうか。

セックスをしているのに、その部分はほとんどカットされていたりシーツで隠れていたり、最悪なのは女優が着衣のままなんていう作品もありますよね。
体当たりしろとは言いませんが、一瞬でリアリティが崩れ去るために、確実に鑑賞者の集中はそこで途切れてしまいます。

俳優たちに敬意を表しつつ、体当たりで挑んだ素晴らしい作品の数々を、ぜひお楽しみくださいね。

(貴崎ダリア / 画像・編集部撮影)

  • Published:
  • Article URL: https://pinkma.jp/movie_real_sex_Nymphomaniac_Antichrist_KENPARK
  • ©

超精工! ミニチュアの大人玩具セットがすごすぎる

世の中には多くの大人の玩具があり夜の生活をサポートしてくれていますが、新進気鋭のアダルティック・トイメーカー「PROGRESS」から、超精巧…

フェティッシュの国・日本が誇るフェチフェス11が9月23日開催!!

9月23日秋分の日に、東京都中央区日本橋にて「フェチフェス11」が行われます! (さらに…)…

20179/16

「セックスが嫌い」 パートナーに口に出して言えない悩み

セックスレス夫婦というワードに対してどんな印象を持ちますか?仲が悪い、もしくは疲れてできない夫婦という印象でしょうか? (さらに&h…

20179/14

【場末ソープ嬢のチラ裏コラム】風俗のあんなお客様、こんなお客様

風俗店に来店されるお客様は、色々な欲望を叶えてもらうべく来店されますが、ちょっと特殊な方も多いです。なぜかそのようなお客様が印象に残ってしま…

日本人男性の平均チン長は約13センチ じゃぁ彼は?サイズ計測コンドーム入手してみた

アソコのサイズが気になる男性は多いと思いますが、サイズが計測できてしまうコンドームを見つけたのでご紹介したいと思います。

ページ上部へ戻る