モザイクと目線処理が生み出すエロティック

Last update:

 日本では出版物や映像など不特定多数に配信・販売されるものについて、アダルト要素が含まれる画像に対してはモザイク処理を施す、また顔など個人が特定される部分については場合により目線加工を施すケースを多く目にします。

 たとえば市販される成人向け商品の場合には女性の局部に対しモザイク処理を施すことが殆どであり、素人投稿ものといわれる作品については女性の目にあたる箇所へ黒線(黒帯)処理が施されています。

局部にモザイクをかけるかかけないかで分かれる運命

 しかし、日本では刑法第175条で「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。」と販売自体を禁止しており、いくら局部へのモザイク処理をしたからといってこれが「わいせつ」に値しないのかといわれれば思わず疑問を感じずにはいられません。

 とはいえ、こうした処理は一定の効果があるようで、局部をモザイク処理した商品についてはおとがめがないケースが殆ど。なお、このような処理は法律などで規定・指示され行われているものではなく、業界側が「自主規制」として行っているものです。

 ある業界関係者に話を聞いてみると、やはりモザイクをかけたからといって、違法性が完全回避されているわけではなく、少なくとも違法性がやや薄れる「グレーゾーン」の状態という話も聞くことができました。そのため、何か問題が起きた場合にはすぐ逮捕されるケースもあるようです。

 逆に全く処理を施していない、いわゆる「無修正」と呼ばれるものに対しては、厳格に処分が下される場合が殆ど。昨今で話題になったケースといえば、無修正動画サイト「カリビアンドットコム」関係者の逮捕。運営者のみならず出演していた女優・男優までもが逮捕される事態に発展しています。

モザイクや目線の与える効果

 と、ここまで真面目に「モザイク」の存在について解説してきましたが、本稿趣旨はそうしたものではなく「モザイク」や「目線」があることで生み出される新たなエロティックが本題。

 本来このモザイクは「自主規制」をするために誕生していますが、それが主流となり早数十年。今や当たり前のようになったがゆえ、モザイク処理や目線を入れる行為により、逆に「エロス」を感じる文化までが熟成されつつあるという話を耳にしました。

 たとえば「目線」。何でもない可愛らしい猫の写真に入れたとします。入れる前では単なる可愛い猫、しかし入れることで何だか「淫乱猫」に見えるそうです。言われてみれば確かに……。ちなみに目線の太さはより細くすることで、何故か意味深度が増して見えるので不思議です。

普通の猫の写真

黒い目線の入った猫の写真

目線が細いパターン

 さらにモザイク処理。普通のバナナの写真にかけてみましょう。全体にかけると意味が分かりませんが、端の黒い部分にかけるだけで、なにやら妙な雰囲気を発し始めます。そこに隠れる何かが気になるような……。場合によってはエロい妄想も膨らみそうです。

未加工のバナナ

未加工のバナナ

バナナ全体モザイク

バナナ全体モザイク

部分モザイクしたバナナ

 いくつか実験してみましたが、他のなんてない物でも、こうしてモザイクや目線処理を入れるだけで妙なエロを発するものは少なくありません。漫画の「集中線」と同じ効果が生まれているのだと思われます。規制したり隠したりするために誕生したにも関わらず、逆に加工することで意識をそこに集めてしまっています。

 見えなくなると逆に見たいという本能が人には無意識に働き、さらにアダルト方面で見慣れる使い方ゆえそちら方面に妄想を発展させてしまう。人間の煩悩とはなかなかにして奥深いもののようです。

(宮崎美和子)

2000年度イグノーベル賞医学賞を受賞した、性交中の男女をMRIで撮影した実験って知ってる?

2000年度イグノーベル賞医学賞を受賞した、性交中の男女をMRIで撮影した実験って知ってる?

2000年に医学賞を受賞した、オランダ・フローニンゲン大学が中心となって行った研究「性交中の男女の性器および女性の性的興奮時のMRI像」って知ってますか?

カーマスートラに学ぶ! ギリギリできそうなアクロバティック体位

カーマスートラに学ぶ! ギリギリできそうなアクロバティック体位

今回はインドの性典であるカーマスートラを題材にした体位解説アプリ「iKamasutra – セックスの体位」からオススメの体位をピックアップしてみます。

朝エッチが体にいいって本当!?

朝エッチが体にいいって本当!?

三度の飯より朝エッチ! と豪語する人もいるくらい、寝起きにするエッチには絶大な人気があるようです。

ぴんくま100記事達成記念! 独断と偏見でベスト10を選んでみました

ぴんくま100記事達成記念! 独断と偏見でベスト10を選んでみました

今回は100記事記念ということで、私が独断と偏見で選んだベスト10記事をご紹介したいと思います!

下ネタを言う人は疲れてるって本当?

下ネタを言う人は疲れてるって本当? 

今回はSNSを中心に話題になっていたこの話題。「下ネタを言っちゃう人はすごく疲れている」というネタについて調べてみました。

ページ上部へ戻る