男根型陶器!?新潟の奇祭・ほだれ祭の御神酒を飲んでみた

Last update:

新潟県長岡市栃尾地域で毎年3月の第2日曜日に行われる「ほだれ祭」は、五穀豊穣と夫婦和合をお祈りした奇祭として有名です。村の男衆が初嫁さんたちがまたがった高さ2.2m、重さ約600kgの巨大なご神体を担ぎ、掛け声と共に村内を巡回していく様子は圧巻だそうですよ。

そんなほだれ祭のメイン会場となるほだれ大神のお宮には、周囲8mを越す天然記念物の大杉があります。根元から2本に分かれているために女杉と呼ばれており、その周辺には双体道祖神など数多くの石仏があります。また男根を型どった石や木のご神体を奉納する風習があり、多くの民衆から信仰され続けています。

インターネット通販でも入手できる祭の御神酒は、新潟の地酒である越の鶴が採用されています。祭の中盤、その年の初嫁の代表が酒の樽を木槌で叩いて”お神酒鏡開き”をした後に訪れた人々に配られます。

それとは別に持ち帰り用として、会場でも全長約20cm、周径21cmの男根を模した陶器に容れられた御神酒が販売されています。カリの部分がお猪口になっており、入手したら直ぐ様飲めるようになっています。

つるんとした陶器には、力強い書体で「子宝祈願 ほだれ酒」。根元の玉部分が足のように見えて、こういうイメージキャラクターのようにも見えなくはありません。

御神酒はほんのり風味豊かな純米酒で、ほんのり甘口で後味はわずかに辛く、お米の甘さが感じられる優しい味わいとなっています。言い例えるならば、優しくて柔和で穏やかな包容力がありつつも、いざというときは男らしい一面を見せてくれる頼りがいある男性に例えたらわかりやすいかもしれません。

数ある越の鶴の中でも、これをほだれ酒の中身に採用した造り手のこだわりが垣間見えるようです。


<参考>
越の鶴 ほだれ酒 360ml税込1,460円

(貴崎ダリア / 画像・編集部撮影)

身体がぽっかぽか…TENGAナイトチャージ飲んでみた

ナイトライフの全てに応えるエナジードリンクとしてワンプレイカップ製造大手のTENGAから販売されているTENGAナイトチャージを、夜デートの前に飲んでみましたよ!

ずっと同じ強さが続く「パワフルXUSBローターシリーズ」

【玩具研究家レビュー】ずっと同じ強さが続く「パワフルXUSBローターシリーズ」

今後濡れ場を書く作家様のために、色んな種類の大人の玩具を赤裸々レビューいたします。記念すべき第一回目は最近流行の「USB式ローター」。

吉田基已新作『官能先生』はレトロで切なくてエロティック 恋心を官能小説執筆で昇華させる主人公

『夏の前日』や『恋風』など、切ない恋愛の描き手として人気の吉田基已さんの新作『官能先生』(講談社)1巻が6月に発売されました。

肌の潤うBL『薫りの継承』に見る大人メンズのしっとりエロさ

2015年に発刊された『薫りの継承』(上下巻・リブレ)は、そんな中村さんが手がける、上流階級の大人たちが主人公の物語。ボーイズラブと言い切ってしまうには重厚で、芳しい濃厚な香りが漂ってきそうなストーリーです。

気になる彼と宅飲み…出てきたらキュンとなる口説き酒をご紹介!

気になる彼に「うちで軽く1杯飲んでいかない?」と誘われたとします。そのとき、あなたならどんなお酒でもてなされたら心ときめきますか?

ページ上部へ戻る