【看護師がこっそりアドバイス】包茎男子必見!仮性人はキニスンナ!(但し清潔にね)

Last update:

男性の皆さんで人知れず多くの人が気にしている事柄といえば……、それは「ムケているかどうか」ではないでしょうか。性交可能となった年代で普段からズルムケであれば何の気にもならない事ですが、勃起時だけ、あるいは包皮(皮)を手で押し下げてムケる、いわゆる「仮性包茎」の状態の人は結構多いのでは?

「真性包茎」の包茎手術は保険が適用される

勃起してもしていなくてもどうやっても亀頭が露出できない、いわゆる「真性包茎」の場合はまず『きちんとした泌尿器科』に受診しましょう。
真性包茎の場合、保険適用で手術が受けられます。これは性交時に痛みが伴ったり感染症のリスクが高いため保険を適用して手術を受けてもらった方が良いという見解があるためです。ただし病院によっては保険適用をしない場合もあります。保険を適用したい人は、保険適用してくれる病院を探しましょう。

では、仮性包茎の場合は?

残念ながら保険の適用にはなりません。しかしネットに氾濫する包茎手術の広告。エロサイトを見てると必ず目に留まると思います。
こんな広告をしょっちゅう見ていると、つい、自分のモノに自信がなくなってくるのではないかと思います。

国民生活センターには包茎手術トラブルの相談が寄せられている

国民生活センターの「美容医療サービスにみる包茎手術の問題点」というページには、ネット広告に踊らされて高額で酷い手術を受けたという問題が事例と共に掲載されています。
このページによると、皮をムイた時に戻らなくなり亀頭部が皮の口部分に締め付けられてしまう「かんとん包茎」で血流が悪くなり色が変わってきた場合は即手術が必要とあります。

逆を言えば、真性包茎でも陰茎に何も起こっていなければすぐに手術をする必要はないということです。
ネットや雑誌などに載っている美容形成外科の広告を見ると、煽られる気分になってしまいますがこういう広告を出しているクリニックでの医療事故は内容が内容だけに泣き寝入りしてしまう人も多く、国民生活センターへ報告されている数よりもかなり多いのではないかと思います。

包茎手術はそんなに難しいものではありませんが、広告を出しているクリニックでは無意味なヒアルロン酸の注入や雑な手術で荒稼ぎしているところもあり、医療事故につながっている様です。そしてこういう問題のあるクリニックの手口は、受診したその日に即手術を決めさせる事が殆どできちんとした説明もない事も多いようです。
こういうのに引っかからないように、真性包茎の人は泌尿器科のある病院を受診し、医師からきちんと説明を受けた上で手術をしてもらいましょう。即日手術を勧められたら怪しいと思ってくださいね。

仮性包茎はキニスンナ

さて、仮性包茎は何でキニスンナって?ちゃんとムケていてエッチする時に問題なくフィニッシュできれば何ら問題はないから。
但し、毎日お風呂でしっかりムイて、カリ首の裏の汚れが溜まりやすいところを石けんで良く洗いましょう。アカが溜まりやすいのでクサチンになります。清潔なチンコでエッチするのはエッチするときのマナーです。
もし自分のモノに自信がない男性諸氏、モノよりもテクニックと思いやりですよ。セックスに必要なのは相手がどれだけ感じてくれるかを想像する力、つまり相手への思いやりです。それがあればテクニックも磨かれるというもの。AVばかり見ていてもテクニックは磨けません。ナマの女性の反応を確かめながらお互いが気持ちのいいセックスができるといいですね。

(看護師ライター・梓川みいな)

超精工! ミニチュアの大人玩具セットがすごすぎる

世の中には多くの大人の玩具があり夜の生活をサポートしてくれていますが、新進気鋭のアダルティック・トイメーカー「PROGRESS」から、超精巧…

フェティッシュの国・日本が誇るフェチフェス11が9月23日開催!!

9月23日秋分の日に、東京都中央区日本橋にて「フェチフェス11」が行われます! (さらに…)…

20179/16

「セックスが嫌い」 パートナーに口に出して言えない悩み

セックスレス夫婦というワードに対してどんな印象を持ちますか?仲が悪い、もしくは疲れてできない夫婦という印象でしょうか? (さらに&h…

20179/14

【場末ソープ嬢のチラ裏コラム】風俗のあんなお客様、こんなお客様

風俗店に来店されるお客様は、色々な欲望を叶えてもらうべく来店されますが、ちょっと特殊な方も多いです。なぜかそのようなお客様が印象に残ってしま…

日本人男性の平均チン長は約13センチ じゃぁ彼は?サイズ計測コンドーム入手してみた

アソコのサイズが気になる男性は多いと思いますが、サイズが計測できてしまうコンドームを見つけたのでご紹介したいと思います。

ページ上部へ戻る