クエン酸で夏バテ対策!疲労回復と美肌の効果も期待できる「レモン素麺」

Last update:

心から暑い日々を、どうお過ごしでしょうか?

あまりに暑くて、気づいたら体の端っこが溶けていた……なんてことにならないように心がける日々ですが、やっぱり食生活から夏バテ対策をしたほうがいいようです。

というわけで、今回はたっぷりレモンを使った疲労回復と美肌の効果も期待できる「レモン素麺」をご紹介したいと思います。

材料

レモン:1.5個
重曹:食用のもの

めんつゆ:適量
みりん:大さじ1
しょうゆ:大さじ1

大葉:1枚
ササミ:1本
ネギ:適量

料理酒:大さじ1

素麺:1束

つくり方

1:レモンについたワックスや防カビ剤を落とすために、しっかり重曹をまぶしてすりこんで洗い流します。

2:めんつゆにみりんとしょうゆを入れてレンジで2分ほど加熱して冷まします。めんつゆオンリーでも問題ありませんが、みりんとしょうゆを入れると、甘渋い大人の味になります。

3:ササミに料理酒をふりかけてラップをかけ、レンジで加熱して完全に火を通します(500W3分~4分)。レンジから取り出して冷ましてから、細かく裂きます。

4:レモン半分を絞って2に入れます。

5:レモン1個を輪切りにし、ネギを細かく切ります。


6:素麺を茹でてザルに上げ、しっかりと洗って冷やします。氷水を使うと、麺が素早くきゅっと締まります。

7:器に素麺を入れ、上に大葉、レモン、ササミ、ネギを乗せてから4のつゆを静かにかけたら出来上がりです。

見た目はキュート、お味は酸味たっぷり

見た目はキュートで酸味たっぷりの素麺が出来上がりました。めんつゆは濃い目のほうが美味しくいただけますよ。

レモンの酸っぱさのもとであるクエン酸が疲労回復の助けとなり、ビタミンCはシミやそばかすを防いで美肌にしてくれます。そして、抗酸化作用もあるために生活習慣病の予防にもばっちり。

お昼に食べたいメニューではありますが、夜に食べたほうがより効果が感じられるそうですよ。

とは言え、レモンを食べたからと言って冷たいものばかり飲んだり、甘いものを摂りすぎたり、クーラーにガンガンあたって体を冷やしてばかりいたら体調はどんどん悪くなり疲労も溜まりっぱなしになってしまいます。

足先と二の腕は冷やさない。暑い外に出るときは日傘や帽子を使用するようにする。そんなふうに夏の暑さに対して、ちょっと意識して対策しつつレモン素麺を食べて元気に乗り切っていきましょう!

(貴崎ダリア / 画像・編集部撮影)

吉田基已新作『官能先生』はレトロで切なくてエロティック 恋心を官能小説執筆で昇華させる主人公

『夏の前日』や『恋風』など、切ない恋愛の描き手として人気の吉田基已さんの新作『官能先生』(講談社)1巻が6月に発売されました。

石丸元章『DEEPS』で、ふとビデオBOXのことを思い出す

あらゆる薬物を自ら試し、そのリアルな実体験をコラムやエッセイに勢い良く書き記しているジャーナリストで作家の石丸元章さん作品の中でも、特にエッセイ集『DEEPS』(双葉文庫・2005年発売)の出来は際立って輝いています。

男の浪漫を詰め込んだ『あの日のエロ本自販機探訪記』 著者の苦労話や販売者の闘争など盛りだくさん

エロ自販機の多くの利用者が一度は抱くも「ま、そんなことはどうでもいいか」とエロを手にした瞬間に立ち消える疑問にあえて切り込んだ内容となっています。

泡婆、襲来!ネットで噂の「特殊浴場機関」へGO!

6月上旬頃ネット上で「一度怒られた方がいいソープ」が話題になっていました。これは……ライターでありつつも、現役場末のソープ嬢を名乗る泡婆の私めとしては見逃せないネタ。

愛奴を持つ人、欲しい人の必読書『かわいい奴隷飼育術』

『かわいい奴隷飼育術』は、マゾの愛奴となることができる素質を持った女の子を見抜き、忠誠心ある従順な奴隷に育て上げるための必読書です。

ページ上部へ戻る