石丸元章『DEEPS』で、ふとビデオBOXのことを思い出す

あらゆる薬物を自ら試し、そのリアルな実体験をコラムやエッセイに勢い良く書き記しているジャーナリストで作家の石丸元章さん作品の中でも、特にエッセイ集『DEEPS』(双葉文庫・2005年発売)の出来は際立って輝いています。

石丸さんが見た世界が毒とユーモアたっぷりに綴られている本著は、たまたま9.11の歴史的瞬間に立ち会ってしまった顛末や、違法薬物の使用で逮捕された某タレントへ綴った手紙風のエッセイ、顧問弁護士であるジャ○キー先生とのハイテンションなエピソードなど25個のエピソードが茶目っ気たっぷりに綴られており、笑いを堪えるのに一苦労する秀逸な話題が最初から最後までフルスロットルで楽しむことができます。

この中でも、ぴんくま向けのちょっぴりセクシーなエピソードは「22パケ目 秘密基地の中──この夏いちばんの思い出」

これは個室ビデオやビデオBOXと呼ばれるような店舗で繰り広げられた、石丸さんのド級のハイテンションオナニーレポート。

ビデオBOXに関して見識者と言っても過言ではないほど通であり「オレは今、資本主義社会のハイテクエロ産業の最先端に触れている」と言わしめるほどの愛用者である、石丸さんのひと夏の思い出を綴った章です。

セクシーなものを含む動画がWebで簡単に見られるようになったのはここ10年ほど。YouTubeが設立される2005年よりも前は動画1本探すにも四苦八苦しており、ましてや表の市場では出回らないモザイク処理がされていないような“裏ビデオ”に関しては、お宝中のお宝とされていました。

そんな、たかだか10数年ほど前は、己を慰めるためにセクシー動画をチョイスする人はビデオBOXや個室ビデオと呼ばれる個室オンリーのインターネットカフェのような店舗で致すことが主流だったそうです。もちろん違法な手段を挙げるとキリがありませんが、あくまで正統なルートで動画を閲覧しようとしたら、この手段が一般的でした。

ビデオBOXを愛してやまない石丸さんは、新宿で見つけた裏ビデオ専門の怪しげなビデオBOXで9時間ほどもオナニーした挙げ句、見ていたビデオの女優が自分であると錯覚し初めて、ビデオに自問自答しつつ個室内に尿を撒き散らし失神してしまったそうです。

……もう書いているだけでとんでもない話であることは察していただけたかと思います。女子には馴染みのないこのオナニーするためのビデオBOXは、現在でも日本全国あちこちに様々な店が構えています。

男性のみが入店可能だと思われがちですが、意外にもビデオBOXチェーン店の一部では女性入店を歓迎しています。また、カップルシートがあるお店もあり、その場合は彼と一緒にお気に入りのセクシービデオを楽しむことができるかもしれませんよ。

自宅どころかスマホがあれば手軽にいつでもどこでもセクシー動画が見られるようになってしまった昨今では、あえてビデオBOXで楽しいひとときを過ごすという人は減ってしまったかもしれません。

しかしながら、もしかするとWebに出回っておらず、そのお店でしか見られない超お宝映像が密かに待ち構えていたとしたら……そんな妄想を膨らませながら、普段では味わえない極彩色の世界を『DEEPS』を通して垣間見てみてはいかがでしょうか?

<参考>
石丸元章『DEEPS』双葉文庫 2005

(貴崎ダリア / 画像・編集部撮影)

素直に紡ぎ出される心情と繊細な色が紡ぎだす両片思いの切ない世界『ドラマ』

『ドラマ』は2005年10月10日にコバルト文庫から刊行され2011年12月20日にダリア文庫から加筆修正版が刊行された朝丘戻。さんの小説。

緊縛するなら必読!『いますぐデキる!図説縛り方マニュアル リスク回避編』

「とても分かりやすい」「習った緊縛を復習できる」と大人気なのが、三和出版の『いますぐデキる!図式縛り方マニュアル』シリーズです。

兄×妹モノの真髄・神寺千寿『あいくるしいから壊したい』に女子の夢と希望を垣間見る

兄×妹モノの真髄・神寺千寿『あいくるしいから壊したい』に女子の夢と希望を垣間見る

ネットコミック各社で公開中の神寺千寿さんの『あいくるしいから壊したい』は高校生の兄と妹の切ない恋愛モノです。

県外からも人が来る唐津のメジャー珍スポット『太閤一里塚』

今回は同じ唐津市内にあり前回よりメジャーであり県外からも訪問者が訪れるという珍スポット『太閤一里塚』の道祖神をご紹介したいと思います。

スマホコミックでも人気の『エロスの種子』 大人の性愛と人情を人気漫画家が描く

『エロスの種子』がスマホコミックサイト・めちゃコミにて青年漫画部門の週間人気ランキングで4位となるなど多くの人から注目されています。

ページ上部へ戻る