男性のアソコ、何て呼ぶ?

あなたは、男性の“アソコ”をなんて呼んでいますか? オブラートに包んだ“アソコ”という呼び方で直接的な表現を避ける人がほとんどですが、セックス中はそういう風に言う人は少ないのではないでしょうか?

今回も元SMクラブ女王様の貴崎ダリアさんと、この“アソコ”の呼び方についてガチのぶっちゃけトークをしてきてきました!!

“おちんちん”と上品ぶるほうがエロい

“おちんちん”と上品ぶるほうがエロい

えり奈(以下、え)「ダリアさん、“アソコ”のこと何て呼んでますか?」

ダリア(以下、ダ)「プレイ中は“おちんちん”、セックスするときは“おちんぽ”ね。“ちんこ”って言ってしまうと、なんだか物足りないしエロくもないわよね」

え「ちょっと待ってください、“おちんぽ”って!?」

ダ「え、呼ばないかしら?」

え「呼びません。どうして“おちんぽ”なんですか」

ダ「だって卑猥でしょう? エロ漫画に登場しそうな呼び方だけど、非現実感がよりエロスよね。ただし、これを使う相手は長年付き合った彼氏や伴侶に限るわね。どうしても親密感が出てしまうので、アバンチュールを楽しむセフレに対しては使うとムード台無しよ。一方で“おちんちん”になると、ちょっと品があるの。だからプレイにはうってつけ」

え「私はセックスするとき“ちんちん” “ちんこ” “ココ”を使い分けますが、“おちんちん”って言いませんね。たしかに想像すると、言うこっちが恥ずかしくなっちゃうほど卑猥」

ダ「それがいいのよ。男性の場合、“おちんちん”って学校や幼稚園の女の先生とかに言われてたと思うのね。だから、そういう幼少期に味わったエロスも思い出すんじゃないかな」

え「……奥が深い」

“ちんこ” “ちんちん” はエロくない

“ちんこ” “ちんちん” はエロくない

ダ「逆に聞きたいのだけれど“ちんこ”や“ちんちん”じゃ、エロくないわよね?」

え「エロさはないですよね」

ダ「カジュアルすぎるし、なんだか照れ隠しに高校生が使う呼び方みたいじゃない」

え「思い起こせば学生時代のセックス時から、ずっと同じように呼んでたので」

ダ「それじゃ、興奮が半減すると思うのね」

え「たしかに……。「“ココ”こんなになっちゃってるね……?」って、あえて“ココ”を使うときは、すごいエロい気分になりたいときですね。あと相手が結構年上で背伸びしたいとき」

ダ「あえてオブラートに包むほうがエロいけれど、“アソコ”と言ってしまうと性に目覚めたばかりの小学生みたいでダサいし、セックス中に“アソコ”って言っても相手は「はぁ?」となるわよね」

え「ですね。でも、“おちんちん”と“おちんぽ”も直接的では?」

ダ「それはさっき言ったように幼少期の記憶を呼び起こしたり、あえて上品ぶることでエロスのパワーを逆に生み出すことにポイントがあるの。あと“おちんぽ”の場合は、日常で絶対に使わないから、日常と切り離す目的もあるわね」

え「……相手の男性、笑わないですか?」

ダ「……笑う人もいるわね、でもこれは私のこだわりだからしょうがないのよ」

え「ということは、相手をエロい気分にさせるというよりは、“おちんぽ”の場合はダリアさん自身が興奮するために使っているのではないでしょうか」

ダ「言われてみれば、そうかも」

部位を分けて呼ぶのか、全体を示す言葉で呼ぶのか

部位を分けて呼ぶのか、全体を示す言葉で呼ぶのか

え「他にも“ペニス” “陰茎” “マラ” “男根” “竿” “カリ” “モノ” “息子”とか色々呼び方ありますよね」

ダ「部分を指し示す場合“竿”と“カリ”は使うわよね。“マラ”は“疲れマラ”とか」

え「“ペニス”はラテン語が語源ですが、日本語の“ちんこ”とは程遠い発音から、覚えたての男児がよく口にしますよね」

ダ「そっちのほうが生々しいのにね」

え「あと“フグリ”って言いません?」

ダ「陰嚢のことよね。うーん“袋”って言うことが多いかしら」

え「たしかに」

ダ「部位を分けて呼ぶ子もいれば、ワケずにどの部分も全て“ちんこ”などの全体を表す呼び方をする子もいるわよね。あれ、何の違いだと思う?」

え「本人のエロさの違いだと思います。「“カリ”がひっかかるところが気持ちいい」「“竿”の部分がぶっとくなってる」と、分けて呼んでいる人のほうがエロい」

ダ「でもそれだと「“おちんちん”の先っちょのほうがひっかかって気持ちいい」「“おちんちん”の真ん中部分が太くなってる」って言いかえれるわよね」

え「セックス中は言葉少なであるほどエロいんで、エロい人は部位を示す単語を自分で調べたか彼に言われて知ったかのどちらかなんですよね。そして、その単語を使わない人は言われたことがなく、自分でも調べていない。双方、前者の場合はたまたま教えられたかそうでないかの違いですが、後者の場合はわざわざ自分で調べて知ったほうがもちろんエロい。つまり確率的にエロいってことになりますし、実際に“カリ”とか“竿”って使ったほうが泥臭くて非常にエロいと思います」

ダ「なんだか説得力あるわね……。でもたしかに、軽く官能小説の世界に片足突っ込んだような表現だし、言われた男性も「おっ」と思うかも」

え「そうです。相手が特にセフレだった場合は、自分がドスケベだとアピールしたほうがいいんです。そのためにも部位で呼ぶことは大事かなと」

ダ「えり奈ちゃん的に、エロさナンバーワンの呼び方は?」

え「できる殿方が自分のを“モノ”って呼ぶところにエロさを感じるかもしれません。スイートルームでバスローブ着て、ワイン飲みつつ開始されたオナニーで。もちろん似合う無精髭をたくわえてる美中年に限ります」

ダ「いい具合に爛れたシーンで最高ね」

セックス中は自分も相手も興奮させるために言葉を選びます。
それは相手との関係性によっても変わってきますが、より興奮できるような“アソコ”の呼称を探し出せるとベッドシーンにおいてワンランクステップアップできるかもしれませんよ。

(二階堂えり奈) 

吉田基已新作『官能先生』はレトロで切なくてエロティック 恋心を官能小説執筆で昇華させる主人公

『夏の前日』や『恋風』など、切ない恋愛の描き手として人気の吉田基已さんの新作『官能先生』(講談社)1巻が6月に発売されました。

兄×妹モノの真髄・神寺千寿『あいくるしいから壊したい』に女子の夢と希望を垣間見る

兄×妹モノの真髄・神寺千寿『あいくるしいから壊したい』に女子の夢と希望を垣間見る

ネットコミック各社で公開中の神寺千寿さんの『あいくるしいから壊したい』は高校生の兄と妹の切ない恋愛モノです。

【エロジャケットレコードレビュー】サザンオールスターズ「ボディ・スペシャルⅡ」

80年台初頭にCDの登場によって売上が激減したレコードですが、そのレトロな雰囲気や味わいある音源として最近ブームが再燃しています。

SM出会い系でヤリ捨てに要注意!行きつけのお店に連れていってもらって

SM出会い系でヤリ捨てに要注意!行きつけのお店に連れていってもらって

様々な性嗜好をカミングアウトする人が増えたことから、それを利用して同じ嗜好を持つパートナーを探す人は少なくありません。

ずっと同じ強さが続く「パワフルXUSBローターシリーズ」

【玩具研究家レビュー】ずっと同じ強さが続く「パワフルXUSBローターシリーズ」

今後濡れ場を書く作家様のために、色んな種類の大人の玩具を赤裸々レビューいたします。記念すべき第一回目は最近流行の「USB式ローター」。

ページ上部へ戻る