アナルプレイとフェラチオ好きな人はフロイト的にはどうなの?

Last update:

精神医学界の権威であり、エロスの分野についても多くの人に「そんな見解あったんだ!!」と驚愕させたオーストラリアの精神医学者であり精神分析学者、そして精神科医であるジークムント・フロイトが提唱した「心理性的発達理論」って、ご存知でしょうか?

人は幼少期から口唇、肛門、男根、そして潜在する時期を経て異性への関心へと性的な心理の発達が身体成長と複雑に絡み合ってステップアップしていくというものです。

そして、つまづいた時期により、成人してからその時期が指し示すもの、例えば肛門期だったら肛門、口唇期だったら口唇に関するこだわりが見られるようになるそうですよ。

アナルプレイが好きな人

アナルプレイが好きな人

アナルプレイとは、アナルに指や大人の玩具、性器を挿入するプレイのこと。
肛門を刺激されることで快楽を得たり、そこに関する性的なプレイに関心を持つ人は結構いますよね。

男性の場合、肛門の中に前立腺を刺激できるスポットがあり、そこから射精を伴わないドライオーガズムを得られるということで、このプレイのファンは心理的要素とはそこまで密接に結びつかず「たまんないほど好き」という人も多いそうです。

しかしながら、女性の場合は身体的要素よりも、フロイトの言う肛門期でのつまずきがあった場合アナルプレイ愛好者になりやすいんだとか。

肛門期はだいたい1歳から3歳の間。おむつが外れて、親からトイレトレーニングをされる時期です。この時期に自分の体をコントロールすることを覚えると共に、排泄したときに便が肛門を通っていく感覚に快感を覚えるようになります。

ここで、親御さんがトイレトレーニングに失敗したり、うまく躾ができないと本人の中でしこりが残り、成人してからアナルプレイが大好きな人になる可能性がありえるのだとか。

ただし、アナルセックスに関しては「お前になんか膣に挿入してやらない」という罰の意味合いを込めたSM的な要素もあるために、これを好む場合はマゾヒスト的な性的嗜好を持っているとも言えるので肛門期のつまづきだとは一概には言えません。しかしながら、もしかするとアナルセックスがメインで好きなマゾヒストは肛門期につまずいていた……なんていう秘められた過去があるかもしれませんね。

フェラチオ好きは口唇期に…

フェラチオ好きは口唇期に…

口唇期とは、口唇で加えたり含んだりすることに性的快楽を覚える生まれてから最初の1年のことです。
この時期は手や足はもちろん動くものの、主なやりとりは口を通して行われます。お母さんのおっぱいを飲んだりすることは生存と密接に繋がっているために、赤ちゃんにとっては超重要。親がいないと生きていけない状況であるため、口唇への刺激と身体感覚のつながりによって信頼やそこが快適であるかどうかということを学んでいきます。

この段階では、離乳に関して失敗したり手こずってしまうと後々に口唇への強い刺激を求めるようになってしまうんだとか。
過剰な飲酒や過食、過剰な嘔吐、健康被害があるとわかっていても辞められない喫煙、爪噛みなどのトラブルが起こる原因となるそうですが、一方でフェラチオ好きな人もこれに含まれるそうです。

「え、フェラ好きなら問題ないのでは!?」
と思った人。そうですよね、健康を阻害するものならまだしも、口唇期のつまずきでフェラチオ大好き人間になったとしたら、それはそれで大成功なんじゃないか……と私も思うのです。

とは言え、誰かれ構わずフェラチオしたり、フェラチオを目的として不特定多数の異性と性的関係を持ったりすることは健康を阻害することに繋がるかもしれません。ただしこの場合は、口唇期のつまづきというよりは、また別の心理的要素が大きく絡んでおり、それこそ5段階目の性器期(思春期以降)の発達でつまづいていると考えらるかもしれませんね。

よく、性的嗜好は生まれつきのものだと言われたりしたり、思春期以降に当人が選び取ったものだと言われます。しかし例えば今回のようにフロイトの精神分析では、まだ性的に無意識だった時期の生育過程に何かしらのつまづきがあったことから嗜好に繋がったと考える場合もあるようですよ。

自分のエッチな嗜好が、いったいどんなことが原因となっているのか精神分析の観点で考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

(二階堂えり奈)

性教育先進国と日本の違いって?童貞君は自分のコンドームサイズ知ってる?

性教育先進国と日本の違いって?童貞君は自分のコンドームサイズ知ってる?

皆さんは、小学校から始まる性教育に疑問を持ちながらセックスしてきたことだろうと思いますが、してみて初めて知ったことも多くあったのではないでしょうか?

ちょっとお下品だけど……ネットで話題の「中出しカレー」つくってみた

ダムカレーとは、ご飯を堰堤、カレーを貯水に見立てたカレーのことで、あちこちのダムの周辺にはダムカレーを出すお店があってみんなに愛されているそうです。

昨今ブームの「パパ活」にあるこわーい落とし穴

昨今ブームの「パパ活」にあるこわーい落とし穴

いつの世にも女性の中には一定数男性から貢がれ、そして楽をしてお金を得たいという人が存在し、この頃はそうした女性の活動を「パパ活」という言葉で表現することもあります。

【保存版】読んで損はない童貞卒業の手引

【保存版】読んで損はない童貞卒業の手引

童貞を捨てる上で大事なことをまとめてみたので1つずつチェックしていきましょう!

男性の自慰方法を真剣調査 6タイプに分類してみた

男性の自慰方法を真剣調査 6タイプに分類してみた

身の周りにいる男性に自慰のやり方を教えてもらい、皆様にご紹介したいと思います。

ページ上部へ戻る